サービス付き高齢者向け住宅を探すならココが私のお勧めです。

【サービス付き高齢者向け住宅】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介!

こんにちは、 “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山と申します。

今回は、【サービス付き高齢者向け住宅】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介いたします。

どうぞ最後までお付き合いください。

【サービス付き高齢者向け住宅】とは?

老人ホームの種類のひとつである【サービス付き高齢者向け住宅】とは、一般的に「サ高住・サ付き」とも呼ばれています。

実際にはどのような老人ホームなのかと言うと、高齢者がより住みやすいようにサービスや設備が配慮されている賃貸住宅のことを言います。

そのため、一般的には介護がそこまで必要ではない人が利用する老人ホームとして知られていて、通常の老人ホームのように、常に介護スタッフが側にいて介護をしてくれると言うわけではなく、必要に応じて自分たちでサービスを選択して利用するというスタイルになっているところが特徴です。

つまりどういうことなのかというと、一般的な老人ホームでは「入浴・排泄・清掃」など生活全般の介助を始めとして食事の提供や健康管理などのサービスが常に利用されています。

一方【サービス付き高齢者向け住宅】の場合は基本として利用することが出来るサービスは、「安否確認サービス」と「生活相談サービス」の2種類のみが義務付けられています。

ですので、老人ホームで受けられるような介護サービスを受けたい場合は自分たちでサービスを導入して利用したり、施設側が提供しているプランを利用するなど選択して利用する必要があります。

逆に言ってしまえば、ある程度自立していてそこまで介護が必要ないという人の場合は無理に介護サービスを享受する必要はなく、必要になれば導入すればいいと言う考えになってるわけです。

その上で、高齢者でも安全に生活する事ができるようにバリアフリーが基準となっていたり、設備に関しても安全面に配慮されたものが導入されているなど、自宅で生活するよりも快適かつ安全に過ごす事ができるようになっているというところが【サービス付き高齢者向け住宅】の魅力です。

このように、ある程度自分たちでサービスを自由に選択することができますので、過ごしやすいよう自由にサービスをカスタマイズする事ができます。

それ以外にも、施設によっては共同スペースとしてリビングや食堂が設置されているところもありますので、そちらで他の高齢者との交流を楽しんだり、また、イベントやレクリエーションに参加するなど、入居者同士でのコミュニケーションも楽しめるようになっています。

【サービス付き高齢者向け住宅】の費用は?

【サービス付き高齢者向け住宅】に入居する場合にかかってくる費用には、入居前にかかってくる初期費用と月額でかかってくる費用の2種類があります。

初期費用は賃貸住宅というスタイルになっているため敷金礼金となっており、賃貸借方式としての契約だというところを認識しておく必要があります。

それを踏まえて初期費用としてはどの程度かかってくるのかと言いますと、実際のところ施設によって相当な開きがって、一概に“いくら”と言えない状況にあります。

月額料金が高額になっているところの場合は初期費用が無料となっているところもありますし、月額料金が安くなっているところやサービス・設備が充実しているところの場合は数十万円から数百万円ほどかかったりもします。

このため初期費用がどの程度かかってくるのかというところは、【サービス付き高齢者向け住宅】のランクによって大きく異なっていますし、都市圏など大型都市になると高額になりやすいと言う傾向があるため、事前に必ず確認しておきたいポイントの一つです。

また、月額でかかってくる料金としては「家賃」「管理費」「食費」「水道光熱費」「生活サービス」の提供費などの内訳となっていて、こちらがおよそ10万円から30万円の相場でかかってくるようになっています。

これも施設によってまちまちで、上記の内訳以外にも費用がかかってくることもあるようです。

これらの2つの費用が基本的にかかってくるものとなっているのですが、注意点として、介護サービスの利用料金が含まれていないというところが挙げられます。

これは【サービス付き高齢者向け住宅】が特定施設入居者生活介護の指定を受けていないというところが理由になっていて、介護サービスを利用する場合は系列のサービス、もしくは外部のサービスを利用するようになっています。

そのため、入居している人によって介護サービスを利用するかどうかが異なっていますので、こちらに関連する費用は基本料金として含まれておらず、自宅で訪問介護やデイサービスを利用する時と同じ扱いになります。

【サービス付き高齢者向け住宅】の入所基準

【サービス付き高齢者向け住宅】の入所基準としましては、60歳以上の高齢者、または要介護者・要支援者を基本としており、それ以外の基本的な条件として言われているのが「身の回りの管理ができること」です。

ただし認知症や障害があるなど、ある程度の介護が必要だという人でも、訪問介護サービスを利用すれば大丈夫といった場合は入居する事ができるようになっています。

それ以外の基本条件としてはそれぞれの施設で異なっており、例えば「感染症を持っていないこと」「認知症を患っていないこと」など独自の条件を提示しているところもあります。

ですので、どの【サービス付き高齢者向け住宅】でも共通している基本的な入所基準としては上記の内容となっていおり、それ以外の条件に関しては実際に施設ごとに確認してみる必要があります。

ちなみに、地域密着型のサービスではないので、施設がある住所外からでも入居する事は可能となっていますし、住民票なども移す必要はないので、県外からでも入居する事が出来るというところは魅力のひとつでしょう。

注意点としては、要支援や要介護の認定を受けていたとしても、60歳未満の場合は入居する事ができないというところや、要介護度が高いなど介護依存度が高くなっている場合には入居が難しくなっている点です。

これに関しては上記でも説明しましたが、【サービス付き高齢者向け住宅】は介護サービスを外部にお願いするような形になっていますので、施設そのものでは手厚い介護サービスを利用することが出来ないようになっています。

最近では施設で介護サービスを提供しているところも増えてきていますが、基本的には介護サービスを受ける場合でも、自分たちで生活する事ができるかどうかが基準とされています。

そのため、入居前から「介護サービスがなければ生活する事ができない」「自分たちで身の回りを管理する事ができない」といった場合は、状態次第では入居が難しくなっていますし、入居してからそのような状態になってしまうと住み続けることも困難となる可能性があります。

また【サービス付き高齢者向け住宅】は賃貸住宅のスタイルですので、保証人がいるかどうかも入所基準のひとつだとされていて、いらっしゃらない場合は代理の制度を利用することが出来る場合もあります。

【サービス付き高齢者向け住宅】のメリット!

【サービス付き高齢者向け住宅】に入居するメリットとして一番に言われているのが、「老人ホームでありながら自宅と同じように生活する事ができる」というところにあります。

と言うのも、老人ホームのネックとしては集団生活が基本となっているため、どうしても施設側のスケジュールに合わせた生活をしなければいけません。

それに対して【サービス付き高齢者向け住宅】の場合は、ある程度施設側が決めたスケジュールはあるものの、それ以外は特に制限はありませんので自由に生活することができるようになっています。

また、料理や洗濯、掃除などの家事の面についても施設側に任せるだけではなく、自分たちでも出来るようになっていますし、外出に関しても自由に出入りすることができます。

このような一般的な老人ホームにはない自由度が最大の魅力となっていますので、自宅で1人暮らしするのが不安という人など、介護は必要はないけど人の目があるところで生活したいという人にとっては、とても住みやすい住環境となっているのです。

もうひとつのメリットとして挙げられているのが、「要介護認定を受けていなくても入居する事ができる」というところです。

一般的な老人ホームの場合は介護保険を利用したサービスとなっていますので、入居する条件としてどうしても要介護認定を受けている必要があります。

ですが、【サービス付き高齢者向け住宅】の場合は介護サービスを利用する時以外は、特に要介護認定を受けている必要性はありませんので、認定を受けていない自立状態の人でも入居する事ができるようになっています。

そのため、煩わしい要介護認定に関する手続きや段取りをしなくても生活する事ができますし、介護は必要になってから認定を受ければいいというスタイルになっています。

それ以外にも、民間が経営しているものがほとんどですので施設の種類も多種多様であり、入居費用などを踏まえながら比較検討することができるようになっています。

そのため自分と相性のいい施設を見つけやすくなっていますし、要介護認定も必要ないので入居も比較的スムーズであるというメリットもあります。

【サービス付き高齢者向け住宅】のデメリット!

では【サービス付き高齢者向け住宅】を利用する際のデメリットとして何があるのかと言いますと、「医療や看護サービスが充実していない」というところにあります。

と言うのも【サービス付き高齢者向け住宅】の場合は、医師や看護師が常駐していると言うわけではありませんし、医療連携体制が整っているところは少ないのです。

そのため、怪我や病気をしてしまった場合は自分たちで病院に行くなどの対応をする必要がありますし、付き添いを希望する場合は、家族にお願いするか料金を払ってスタッフにお願いする形になっています。

つまり、毎日の生活において健康面でのサポートは保証されていないということになりますので、かかりつけの病院がないという人や、遠方のサービスつき高齢者向け住宅に入居してしまったという人の場合は、不安を抱えやすい要因だとされています。

また、入所した頃は自立で生活できていたという場合でも、何らかの理由で介護を必要になってくるという場合もあります。

これは、ある程度であれば対応してもらうことが出来ますが、寝たきりになってしまったり、介護の手が常に必要になってしまうなど介護依存度が高くなってしまうと、退去せざるを得ないということになる可能性もあります。

これは入居する時点でも同様で、介護依存度や医療依存度の高い人の場合は入居する事が難しいと言うところがデメリットになります。

そのため入居できたとしても、状態によっては住み続けることができないという点を理解しておかなければいけませんし、認知症に関しても、施設によってどの程度対応しているのかが異なっているので注意が必要です。

それ以外にデメリットとして挙げられる点は、賃貸住宅同様保証人が必須であるといった点や、一般的な賃貸住宅や老人ホームと比較すると費用が高額になりやすいという点があります。

これは特に入居一時金が問題となっていて、高額なところでは数百万円を超えるところもあるため、充実したサービスや設備を求める場合は、それだけ費用も高額になるということを理解しておく必要があります。

【サービス付き高齢者向け住宅】を探すなら【LIFULL介護】がお勧め!

【サービス付き高齢者向け住宅】は民間の企業が経営しているという事もあり、全国の様々な地域で運営されています。

特に近年では色々と特色のある施設が新しく開設されてきていて、ひとつの地域の中に複数の施設が点在する事も珍しくありません。

そのため、比較検討しやすくなっているという点はメリットなのですが、そもそもどこにどのような【サービス付き高齢者向け住宅】があるのか、どのような特徴があるのかなどを調べたい時に、情報をどうやって探せばいいのか分からないと言う悩みを抱えている人も少なくありません。

そんな人たちにお勧めできるのが、インターネットで高い評価と知名度を持っている老人ホーム検索サイト『LIFULL介護』なんです。

『LIFULL介護』は【サービス付き高齢者向け住宅】を始めとして多種多様な老人ホームの情報を掲載しており、全国のほとんどのエリアの情報を網羅しています。

そのため自分たちの住んでいるエリアは勿論ですが、それ以外のエリアの情報も閲覧する事ができるようになっていますし、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットからでも判り易く閲覧する事ができるようになっています。

そして掲載されている【サービス付き高齢者向け住宅】の情報も、基本的な内容だけではなく特徴やメリットなど詳細なものが掲載されているので非常に判断しやすくなっていますし、高齢者自身が自分たちで情報を調べたいという場合でも判りやすいよう文字表示も大きくされています。

また、とっても便利な機能として「お気に入りリスト」に登録する事が出来たり、資料請求や見学・体験入居に関する問い合わせも直接施設に問い合わせしなくても『LIFULL介護』を経由してお願いする事ができるようになってます。

この時、資料請求に関しては指定した施設すべてに一括で請求する事ができるようになっていますので、いちいちひとつひとつの施設にお願いするよりも手間や時間がかからないと言うメリットもあります。

さらに【サービス付き高齢者向け住宅】が何なのかという基本情報を含め、ほかの老人ホームの特徴などの情報の掲載、コラムなどもあるので単純に情報収集するだけではなく、色々な役立つ情報も得られるといった点もお勧めできる理由です。

これから【サービス付き高齢者向け住宅】を探したい、とりあえず情報を集めておきたいといった方は、しっかり『LIFULL介護』をチェックしておくのが良いと思います♪


公式サイト

【サービス付き高齢者向け住宅】を探すお勧めサイト『LIFULL介護』はコチラへ


■LINK■